×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウソツキは、恋の始まり。『ニセコイ』ヤクザの2代目だが普通の高校生・一条楽と転校生の・桐崎千棘の2人の「ニセコイ」生活が始まる~紹介アフィリエイト~嶋津球太

『奉仕部』メンバー紹介


一条 楽(いちじょう らく)- 松岡禎丞 / 内山昂輝(少年時代 - 関根明良)

■「集英組」組長の一人息子
紺色の髪にバレッタを着け、右こめかみに傷がある。
集英組とビーハイブとの諍いを鎮めるため、ビーハイブのボスの娘・千棘と恋人役を演じる。
「約束の女の子」からもらった鍵穴があるペンダントを現在でも所有している。
幼少期に約束した少女の顔や名前を忘れているものの、約束はハッキリ覚えており、彼女との再会を望む。

家柄上、"男たる者かくあるべし"の精神で育てられた。
真面目で面倒見が良く、困った人を放っておけない性格。
将来の夢は一流大学を出て公務員になることで勉強に励んでいるが、自分や組員の食事も作っているため成績は平均より高い程度。
一方で料理の腕前は小咲の母(和菓子職人)から認められる水準。
ガタイは良くないため、喧嘩は弱く、ヤクザには向いてないと自覚している。

実は小咲とは中学時代から両想いだが、互いに「相手も自分が好きなわけない」と思い込み、関係が発展しないまま同じ高校に進む。
当初は千棘と性格が合わず、彼女から「もやし」と呼ばれことあるごとに喧嘩をしていた。
千棘・小咲・誠士郎・春・羽から好意を抱かれてるが、それに気付いていない。
動物が非常に好きで学校では飼育係をしているが、動物達への壊滅的なネーミングセンスと硝煙の匂いのために、なかなか懐かれない。



桐崎 千棘(きりさき ちとげ)- 戸松遥 / 東山奈央

■「ビーハイブ」のボスの娘
金髪ロングで碧眼、赤いリボンを付け、制服を着ている時はニーソックスを履いている。
アメリカからの転校生。アメリカ人の父と日本人の母のハーフ。
ビーハイブと集英組との抗争を鎮めるために楽と恋人を演じる。
極度の暴力癖があり、男勝りかつ短気な性格で楽はしょっちゅう殴られていた。
楽や万里花には出会いの拙さもあってか悪態を吐いたりすぐに怒ることが多いが、本当は人当たりが良く誰とでも仲良くなれる優しい女の子。

小さい頃に書いた日記帳に挟まっていた鍵を持っており、「ザクシャ イン ラブ(愛を永遠に)」の単語と過去に少年と約束をしていたのを思い出したが、約束の内容や少年の名前や顔は忘れている。
アメリカの名門中学を首席で卒業した後、日本に移住する。
料理は下手でお粥さえも失敗するがその反面メイクが上手であり、裁縫もできる。
部屋の片付けは苦手で、いつも散らかっている。
暗所恐怖症・閉所恐怖症で雷にも弱い。
アメリカにいた頃および凡矢理高校転入直後は自らの境遇もあり友人を作るのが苦手であったが、楽の協力もあり克服した。

好きな食べ物はラーメンで、よく楽に奢らせている。
痩せの大食いでもあり、小咲からは羨ましがられたり、何故普段の体型を維持できるのか不思議がられている。
楽の婚約者である万里花とは犬猿の仲。



小野寺 小咲(おのでら こさき)- 金元寿子 / 花澤香菜

■楽のクラスメイト
濃い目の茶髪で、左側のサイドの髪が長い、アシンメトリーな髪型が特徴。凡矢理七英雄の一人。
実家は和菓子屋「おのでら」を経営している。
おっとりとした性格で他人を気遣う優しさを持っている。
小さい頃に会った思い出の少年からもらった鍵を持っており、男の子が楽と同じペンダントをしていることは覚えているが、約束の内容や少年の名前や顔は忘れている。
中学の頃から楽に好意を寄せているが、恋愛に対しては奥手で、言い出せないままでいる。
実は両想いだが、互いの性格のせいで関係が発展しないままでいる。
学校の成績は平均より少し上程度であるが、中学時代は成績が低く凡矢理高校も補欠合格だった。

料理は非常に下手だが変則的に非常においしい料理を作ることがある。
舌や盛り付けや菓子類の飾りつけに関しては一流であり、和菓子の味見を任せられている。当初は泳げなかったが、楽と千棘のおかげでビート板があれば泳げるまでになった。
容姿と性格から学校での男子の人気は高い。
千棘やるりなどの、いつものメンバー以外のクラスの女子からは「寺(でら)ちゃん」と呼ばれている。

嫌いな食べ物はこんにゃく。
部屋には楽の写真を入れた写真立てがある。



鶫 誠士郎(つぐみ せいしろう)- 小松未可子

■ビーハイブの構成員
紺色のショートヘアで右目下に泣きボクロがある。
千棘の女の子らしくという提案により髪には大きなリボンをつけている。
学校では動きやすさの観点から凡矢理高校の男子生徒とは異なるブレザー系の制服を着ている。
落ち着かず恥ずかしいため、普段から女物の服を着ない。
実はクラスでも屈指の巨乳で最低でもバストはE以上(なおも成長中)だが、本人はこの体が気に入っていない。
恥ずかしがり屋に加えてかなりの泣き虫。
幼少期に男と思いこんだクロードに拾われ、所有物から日本人だと判断できたため、日本の辞典をもとに名付けられた。
千棘とは幼少期からの付き合いで「お嬢」と呼んでいる。ビーハイブ内でもトップのヒットマンとして英才教育を受けた。
かつての通り名は「黒虎(ブラックタイガー)」

楽と千棘の本当の関係を知らず、クロードの命により楽と千棘を別れさせるのを試みるが失敗し、その際に女性であることが明るみに出る。
料理もうまく楽からも味を認められている。
楽同様かなりの動物好き。怖い話は苦手。
日頃から銃器(ブレザーの袖のなかの仕込み拳銃など)を所持しており、照れ隠しなどで発砲することがある。



橘 万里花(たちばな まりか)- 阿澄佳奈

■楽の許嫁でクラスメイト
警視総監の娘。千棘・小咲同様に鍵を持つ三人目の少女。凡矢理七英雄の一人。
サイドやバックは短く襟足が長いため、一見ショートヘアにも見える栗色のロングヘアで、花の形の髪飾りを付けている。
凡矢理高校では他の女子生徒の制服とは異なるセーラー服を着用している。

日頃から楽に対して積極的で人目を気にせず積極的にアプローチをしているが、立場が逆転すると狼狽する。
普段は「私(わたくし)は〜ですわ」といったお嬢様風の口調だが、感情が高ぶった時などは九州弁が出る。
楽のことしか考えないせいか、空気の読めない(読まない)一面が多い。
楽は本人の容姿については良いように評価しているが、彼女の積極的なアプローチには面倒くさがっている。
バストは本人が言うにはEはあるらしい。
幼い頃に山の療養所で楽と共に過ごしたことがある。
中学時代は女子中で、その性格ゆえにクラスメイトからひどいいじめを受けていたが、いじめの首謀者(現在は友人)の御影および、いじめに加担してきた同級生達を制裁して以来裏で学校を牛耳る存在になった。
楽を「楽様」と呼び、好意を寄せている。
千棘とは犬猿の仲で小競り合いになることが多い。それ以外の人物には普通に接する。
集同様に周囲の反応を面白がって行動する一面を持つ。
幼少期から病弱であり、貧血の薬を服用している。
楽の妻となるための花嫁修業に邁進してきたこともあり、料理の腕前は楽ですら感嘆する。
その一方で学力は著しく低く、学年207人中185位。楽との勉強中に独特な解釈で方程式を理解したりと頭が悪いのではなく、やりたい努力しかやらない性格による結果である。
病弱のため運動神経も極めて鈍く、クラスどころか学年で断トツの運動音痴。

父から社会勉強するよう勧められ(楽との結婚資金を貯めることを兼ねて)、ファミレスでアルバイトを始める。
客からはアイドル的存在として扱われている。



小野寺 春(おのでら はる)- 佐倉綾音

■小咲の妹
姉とそっくりな顔立ちで、アシンメトリーに長い黒髪を紫色のシュシュで束ねてサイドポニーにしている。
背は小咲より低め。
姉の小咲とは違い気の強い性格で、楽に暴力を振るったり暴言をよく吐くなど乱暴であり、思い込みが激しい。
女子校に通っていたため男が苦手。

入学初日に不良に絡まれているところを楽に助けられ、その時に彼が落としたペンダントを助けてくれた「王子様」の物と勘違いし彼女が所持していたが、今は預けるという形で楽に返している。
その「王子様」に恋をしているが、何の気なく親切にしている楽が「王子様」ではないのかと疑うこともある。
姉である小咲を非常に慕っており、楽の根も葉も無い黒い噂やハプニング(ほとんどは自業自得)が切っ掛けで、楽に対し強い警戒心を抱いて理不尽かつ過剰なまでに敵視している。
非常に方向音痴(自覚無し)で、何度も楽に迷惑をかけている。
小咲と違い料理は普通に出来、バレンタインの前日には小咲にガトーショコラの作り方を教えていた。
和菓子が好きで好物は涼美屋の苺大福。

小咲と楽が両思いであることを見抜いているが、それゆえに千棘と付き合っていることに対して納得していない。
その後の楽との幾つかのやり取りを経て、楽が「王子様」であり、彼が好きだという自分の本当の気持ちに気付く。



舞子 集(まいこ しゅう)- 神原大地 / 梶裕貴

■楽の親友
楽と千棘のニセコイ関係を知っている数少ない人物。
日頃からセクハラ的な発言をしている変態キャラクター。
モテている楽に対しては他の男子生徒と違い、(修羅場になることが多いため)嫉妬するどころか逆に面白がっている。
楽とは対称的に恋愛関係に関しては非常に目ざとい。
人脈があり、かつ悪巧みに関してはクラス内で定評がある。
成績は良く、テストでは学年207人中22位。
楽とは幼稚園時代からの付き合い。楽・小咲・るりとは同じ中学の出身。
楽と小咲が両思いだと知っているが、るりとは違い余計な手助けは不要と考えている。
実は凡矢理高校に入学した当初から担任のキョーコ先生に好意を持っていたが、彼女の結婚による寿退職によりその想いが実ることはなかった。
主に突っ込まれる役回りであるが、稀に他人にツッコミを入れることもあり、さらには、楽、るりの付き添いでるりの曽祖父の家に行った際には、るりと曽祖父が笑っている姿を写真に撮っており、曽祖父の葬式に向かうるりに渡すなど粋な一面を見せることもある。



宮本 るり(みやもと るり)- 内山夕実

■小咲の中学からの親友
水泳部所属。赤茶っぽい長髪をポニーテールにしており、眼鏡をかけている。痩せの大食い。
普段は冷めた性格で、男っ気も全くないほどさばさばしている。
人付き合いが悪いわけではなく、色々な行事に小咲や楽達と参加している。
非常に短気で極度の暴力癖があり、たびたびセクハラ発言をする集に制裁を加える。
成績はかなり良く、高校受験の手助けを小咲にした。
水泳でいくつも賞を取り名門校からの誘いも来るなど運動能力も高く、2年時に個人自由形で全国大会出場を決めている。
視力は極端に悪く、眼鏡がない状態だと人やモノの判別や集への暴力以外の行動が困難になる。
小咲と楽が両思いだと知っており、2人をくっつけるためにたびたび強引な手段に出ることもある。
集に対してはその軽い言動を嫌っており邪険に扱うことが多いが、曽祖父の吉三(後述)とのやり取り以降、少し見直すようになる。



PR


映画情報

『資格取得eラーニング』


「黒執事」Blu-ray BOX

PR


フィギュア情報


俺の妹がこんなに可愛いわけがない
黒猫 ・・なわけがないver.



PR


「黒執事」Blu-ray BOX


マルチドメインレンタルサーバー【シックスコア】

PR


PR